心の音楽療法「ストレス解消」/クレモンティーヌ

おはようございます。
雨が降り出しそうな大阪です。

 

今週のテーマは「ストレス解消」。

そして今日はフランスの歌手
「クレモンティーヌ」を取り上げ、
その歌声、雰囲気、リズム感から
ストレス解消しましょう。

 

1曲目はビージーズの曲で、随分前の
映画の主題歌でもあった「Melody fair」。

 

楽し気なボサノバ風?です。

手拍子が入っていますので、一緒にリズムを
感じ、たたいてみましょう。

 

♪Melody fair

 

最初の曲は英語でしたが、クレモンティーヌの
フランス語の歌を聞かないわけにはいきません。

フランス語のノリと、先ほどより軽いリズムを
感じてください。「フランス」を感じる曲、
「UN APRES MIDI A PARIS」です。

 

 

ストレス解消の1番の方法は、「リズムを感じる事」
です。

♪UN APRES MIDI A PARIS

 

最後は青い空とリズムを感じましょう。
「恋は水色」です。

 

3曲のリズムの違いを感じてください。

体でリズムをとりながら聴いてみましょう。

 

 

♪L’amour Est Bleu

 

今日も良い1日を!

心の音楽療法「ストレス解消」/Volare

おはようございます。
雨の大阪です。

 

今週は「ストレス解消」がテーマ。

 

そして今日の曲はビールのCMで有名な「Volare」。

Volareとはイタリア語で「飛ぶ」という意味です。

 

この曲は
「夢の中で青空を飛んだ、爽快で幸せな気持ち」
が歌になっているようです。

 

最初はリズムをとって聞いてみましょう。
できるなら、ラテン風に細かく手拍子してみて
ください。難しければ聴いているだけOKです。

 

この曲は、聴いているだけでなんとなくノリノリに
なり、幸せな気分をそそります。

 

それでは脱力して聞いてみましょう。

 

 

 

♪Volare

 

次は歌ってみましょう。

きっと音楽はご存知の方が多いと思うので、
画像の中の歌詞をご覧になりながらどうぞ!

 

知っている部分だけでもOKです。
大声で歌ってみましょう。

すっきりします。

 

ストレスがたまった時は、

・リズムを感じる→セロトニンの誘発
・大声で歌うor思いきり踊る→汗や唾液でストレスホルモンを体外へ

です。

 

それでは楽しんでやってみてくださいね。

画像開始後30秒後ぐらいから、歌が始まります。

 

♪Volare

 

いかがでしたか。

今日もストレスのない1日を!

 

心の音楽療法「ストレス解消」/Inspiration

おはようございます。
曇り空の大阪です。

 

今週のテーマは「ストレス解消」。

今週はラテン系の音楽でリズムを感じ、
ストレス解消をしたいと思います。

 

そして今日の曲はジプシー・キングスの
「Inspiration」をお送りします。

 

この曲はフジテレビ系の時代劇『鬼平犯科帳』の
エンディングテーマとして使われた曲です。

 

ギターの音色とリズム感が心地よく、
思わずリズムをとりたくなります。

 

出来れば曲中で、手拍子でリズムをとって
いますので、それに合わせて一緒にリズムを
とってください。

♪Inspiration

 

この曲を演奏しているバンドですが、てっきり
南米の方々だと思っていたら、フランスだったの
ですね。

 

ジプシー・キングス。

ジプシーって感じがします。独特の感覚は
何でしょうか。

 

とても情熱的でノリがよく、迫力もある
演奏です。何よりギターの音が心地よい
響きです。

 

それではもう1度聴いてみましょう。

 

鬼平犯科帳で使われていた演奏です。
2回目はなるべく大きな音でお聞きください。

心地よいリズム感とともに、哀愁も感じられ
ます。

 

今度はできたら足で軽くステップしてみてください。
座ったままでもOKです。体でリズムをとって下さい。

 

リズムを感じましょう。

 

♪Inspiration

 

今日も心地よい日を。